• HOME
  • ニューカレドニア・バヌアツ
ニューカレドニア

NEW CALEDONIA ニューカレドニア・バヌアツ

世界遺産にも登録された、美しいラグーン。
コバルトブルーの海と対をなす白いパウダーサンドのビーチをさわやかに吹き抜ける
貿易風と、緑濃い神秘の森。
そこは、美しく豊かな自然と調和する、伝統的なメラネシアの文化と、洗練された
フランス文化の融合によって作り出された、どこよりも居心地のいい空間。
その美しさから小説の舞台となり、「天国にいちばん近い島」と呼ばれるようになった
ニューカレドニアは、楽園の名にふさわしく、ここを訪れる多くの人々を魅了し続けている。

ニュース

ニューカレドニア・バヌアツNEWS

2020/9/24
◆現地係員のSPTバヌアツより9月のYou-Tube(バヌアツのタブーに挑む!)が届きましたのでUPしました。 詳しくはコチラご覧ください。
2020/9/2
◆エアカランより国際線運休延長のお知らせ
新型コロナウイルスの影響による国際線定期運航の一時停止について
ニューカレドニアに就航している全ての国際線定期運航の停止を2020年12月31日まで延長するとの発表がありましたのでご案内します。
2020/8/26
◆現地係員のSPTバヌアツより8月のYOU-tube(現地係員の休日の過ごし方特集~)が届きましたのでリンクしました。 詳しくはコチラご覧ください。
2020/7/22
◆エアカランより国際線運休延長のお知らせ
新型コロナウイルスの影響による国際線定期運航の一時停止について
ニューカレドニアに就航している全ての国際線定期運航の停止を2020年10月24日まで延長するとの発表がありましたのでご案内します。
尚、現在のニューカレドニアは徹底した予防措置政策により、現地では4月上旬以降 COVID-19の市中感染はおきておりません。
ロックダウン解除から既に3ヶ月が経ち、市民生活は完全に通常に戻っておりますが、地元の人々の安全を守る為に、国境を開くことに関して慎重な措置を引き続き講じている状況との事です。
2020/7/17
◆現地係員のSPTバヌアツより7月のYOU-tube(巨大ブティックリゾートTHE PALM HOUSEの紹介)が届きましたのでリンクしました。 詳しくはコチラご覧ください。
2020/7/14
◆エアカランより2020年8月 成田発着便の運休案内が入りましたのでご案内します。
8月中の月・水・木・土曜日の成田発着便が運休となります。
上記以外の火・金・日曜に運航予定の便は事前に政府当局の許可を得たニューカレドニアへの帰還者を含む旅客ならびに貨物運送を目的とした運航となっており、入国制限の解除までの間はご搭乗頂けません。
2020/7/3
◆オプショナルツアーページを更新しました。詳しくはコチラをご覧ください。
2020/6/25
◆リフー島滞在コース、マレ島滞在コースをUPしました。ツアー案内はコチラをご覧ください。
2020/6/24
◆エアカランより8月1日~9月30日発券分の燃油サーチャージ改定のお知らせ
適用日:2020年8月1日~9月30日発券分
対象路線:日本発着便
対象旅客:大人・子供・座席をご利用の幼児
徴収金額:現行片道¥1,000、往復¥2,000が廃止となります。
2020/6/19
◆現地係員のSPTバヌアツより6月のYOU-tube(バヌアツ流復興支援)が届きましたのでリンクしました。 詳しくはコチラをご覧ください。
2020/5/29
◆エアカランより2020年7月末まで成田発・関空発着便の運休が延長となります。
2020/5/20
◆エアカランより2020年6月成田発着便の運休のお知らせ。
 日付:6月中の成田発着便も貨物専用便出発日以外運休となります。
2020/5/15
◆エアカランより2020年7月以降、関空発着便の運休のお知らせ
 すでにご案内済みの6月末までの運休に加えて、7月以降も関空発着便を運休予定とする
 連絡が入りました。
・関空運休便:7月以降(現時点で運航再開時期未定) 
2020/5/13
◆エアカランより6月1日~7月31日発券分の燃油サーチャージに関しての案内が
 ありましたのでご案内します。
適用日:2020年6月1日~7月31日発券分はお1人様1区間片道あたり1,000円となり、
往復で2,000円になります。 
2020/4/27
◆エスカペードアイランドリゾート 再オープン延期のお知らせ
 エスカペード・アイランド・リゾートより、コロナウイルスの影響で工事が遅延しており
 再オープンの日程が変更になると案内がありました。
 変更後:2020年5月1日~10月31日までクローズとなり、11月1日より再オープンになります。 
2020/4/15
◆エアカランより2020年5月 成田発着便の運休のご案内
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴うニューカレドニア政府の指示により運航
 スケジュールの調整が入り、3月~6月末までの関空発着全便の運休の案内が
 入りました。
・成田発着運休便:5月2~31の水・木・土・日曜便が運休です。
 6月の木曜便も運休です。 
 火・金曜は運航予定ですが、貨物専用便となる可能性があります。
 尚、本日現在、3月19日に発令されたニューカレドニア政府当局による非居住者
 に対する入国禁止の措置に関しては引き続き継続されております。 
2020/3/23
◆エアカランより2020年3~6月 関空発着便の運休のご案内
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴うニューカレドニア政府の指示により運航
 スケジュールの調整が入り、3月~6月末までの関空発着全便の運休の案内が
 入りました。
・関空運休便:3月~6月末までの月・木曜発着便。 

おすすめ LINEUP

ニューカレドニア・バヌアツおすすめ LINEUP

一覧を見る

アクティビティ

アクティビティ

  • ダイビング

    ダイビング

    世界最大のラグーンを有するダイビング天国ニューカレドニアで、海を満喫!世界屈指の規模を誇る巨大なバリアリーフに囲まれたニューカレドニアには、数多くのダイビングスポットがあり初心者から熟練者まで十分に楽しめます。ニューカレドニア屈指の大物エリアでダイナミックな海のヌメア、ソフトコーラルの群生スポットが多くワイルドなイルデパン、透明度抜群のリフー島がお勧めです。

  • スパ

    スパ

    アンスバタ地区のリゾートホテルには、ラグジュアリーな気分にひたらせてくれるスパを併設しているところも。アクティビティーやショッピングで遊び疲れたら、スパで心も体も癒されてしまいましょう。人気のスパが多いので、なるべく早めに予約をいれるのがおすすめ。

  • クルージング

    クルージング

    ニューカレドニアにはクルージングにピッタリのスポットが数多くあります。たくさんのカタマラン船やヨットが、ヌメアのモーゼル湾からラグーンの絶景スポットやロイヤリティ諸島を目指して出航していきます。日帰りでも数日間でも、クルージングはあなたの記憶にいつまでも残る素晴らしい思い出になることでしょう。

  • ウエディング&ハネムーン

    image

    優しい陽光がパウダーサンドのビーチにふりそそぎ、眩しく輝くエメラルドブルーの海が心地よい波音を奏でる・・・ 官能的でロマンティックな南太平洋の楽園は、二人の絆を深めあう絶好の舞台。ローカルの純真無垢な子供たちの笑顔は、まるで天使たちの祝福のよう。人生の新しい門出を飾る夢のようなた体験を演出してくれます。日本からは、直行便でわずかに8時間あまり。しかも、時差はたったの2時間。エアカランのクラス・ハイビスカスを利用すれば、空の上からフランス気分の味わえる機内サービスを受けることができます。

    詳しく見る

  • ダイビング&クルージング

    image

    世界で第2位の大きさを誇るバリアリーフを持つニューカレドニアの海は、水中生物のサンクチュアリ!南半球及びニューカレドニアの固有種や、レアものから超大物まで、あなたのログブックにニューカレドニアの生物たちとの出会いを残してください。
    ダイブスポットが自然保護区に指定されているため、魚が人を恐れません。フォト派にも嬉しい魚たちとの大接近もお約束。初心者~ベテランダイバーまで、全ての方が心ゆくまで楽しめる楽園です!

    詳しく見る

  • ニューカレドニア ホテル情報

    image

    豊富な写真と情報で、ビーチリゾート”ニューカレドニア”のホテルを徹底紹介。ご宿泊予定のホテルのご確認や、ご旅行の際に泊まってみたいホテルを見つけてください。

    詳しく見る

  • ニューカレドニア 基本エリア情報

    image

    世界遺産のラグーンに囲まれたニューカレドニアの島々。
    細長い本島グランドテール島のまわりに、イルデパンやロイヤリティ諸島などの美しい離島が点在しています。

    詳しく見る

バヌアツ 世界で一番幸せと呼ばれる国

南太平洋に浮かび、南北に約1200キロメートルに広がる、83の島々からなる群島国。オ-ストラリアのケアンズのほぼ真東約1500キロメートルに位置し、気候は亜熱帯から熱帯と年間を通して温暖で過ごし易い国です。周囲には大自然を擁する島々が点在し、そのどれもが素晴らしい体験をさせてくれる場所でもあります。

リゾートだけでなく多種多様な魅力を要するバヌアツ、日本からの直行便はなくニューカレドニア、オークランド、シドニー、ブリスベン、フィジーなどからの乗り継ぎで訪れる事が可能です。
中々情報が集め辛いバヌアツ、そんなバヌアツの情報を現地日本人係員がYOUTUBEで
お勧め観光ポイントやビーチを紹介しております。
魅力溢れるバヌアツをご覧ください。


「バヌアツへ行こう!」 バックナンバーの紹介

ページ先頭へ戻る