タヒチ旅行・イースター島旅行、ウエディング&ハネムーン、ダイビングツアーなどはお任せください!

 TOP  >  タヒチ&イースター島  >  ライアテア島・タハア島/ファヒネ島情報

ライアテア島・タハア島/ファヒネ島エリア情報

ホテル | 見どころ

ライアテア島はかつて聖なる島「ハバイキ」と呼ばれ、ポリネシア人が最初に定住した島だといわれています。様々なポリネシアの神話に語られるこの2つの島にある数々の観光スポットは、独特の神秘的な雰囲気を漂わせています。ライアテアでしか見られない珍しい花「ティアレ・アペタヒ」が咲き、ポリネシアのオリンポスにあたる「芳香の楽園」テメハニ山は、いまだ現代社会の喧騒とは無縁のこの島を静かに見守っています。ライアテア島とタハア島を隔てるラグーンは、サファイヤ色とエメラルド色に輝き、豪華クルーズ船やボートクルーズを楽しむ人々の天国となっています。神秘的で美しいラグーンに囲まれたタハア島には、人里はなれた小島にラグジュアリーな最新リゾートがあることでも有名です。

ライアテア島・タハア島のホテル ライアテア島・タハア島の見どころ
ウツロアイメージ

ウツロアイメージ

ウツロア

地方行政の中心、タハア島を望むウツロアは商業港として、またクルーズ客船の寄港地として重要な町です。タピオイ山の展望台に登れば、ウツロアの町を一望のもとに眺めることができます。東側のアベラ地区は19世紀の終わり、タヒチ人とフランス人の最後の戦が繰り広げられた場所であり、また、女王ポマレ4世が避難場所を求めたところでもあります。こぢんまりとしたヨット・ベースがあり、個性的な雰囲気のファアロア湾の奥は、ボートやカヌーが航行できる唯一のファアロア川へと続いています。岩場の多い海岸線には、モツが2つ浮かぶマレイ・パスなど、ラグーンの美しい風景を見渡せるポイントも多くあります。


タプタプアテアイメージ

オポア

オポア村は古代ポリネシア宗教の中心であった由緒ある地。形を整えられた珊瑚岩が整然と立ち並び、荘厳なたたずまいの「タプタプアテアのマラエ」には、かつては太平洋中の島々から訪れる大型カヌーがリーフの切れ目、神聖な「アバモア・パス」を通って上陸し、神秘的な雰囲気のもと任官の儀式と異国間の交流が行われたと伝えられています。ここからは畑やバニラ農園の間を蛇行して進む道をとるか、または南岸沿いに2つのモツと美しいビーチのあるファアテム湾に向かつて進みます。双方の道とも、昔、戦士パイがヒロ神を阻むため、モーレアで投げた槍が着地したというオロピロ山を回り込むように続いています。


ティアレ・アペタヒ

ティアレ・アペタヒ

西岸では、一方はモツの浮かぶラグーン、他方は滝の激しく流れ落ちる山並みと、美しい風景が続きます。道はさらに畑や牧草地、果物の木の林に沿って続き、美しい白砂のビーチの広がるテバイトアの村に至ります。そこはまた、ポリネシアの人々の霊魂にとって、伝説の楽園であると同時に、地獄でもあったテメハニ山に登るハイキングの出発点でもあります。そこに咲く白い花、「ティアレ・アペタヒ」はこの島の象徴となっています。プロテスタント教会の敷地には古いタイヌウのマラエがあります。加工された珊瑚岩と彫刻を施した岩から成るこのマラエは保存状態もよく、堂々とした構えを見せています。外海から遮蔽された風光明媚なアポオイティの村は、チャーター・ヨット会社の母港であり、ダイビング・サービスもある立派なマリーナなど、この風下諸島の一大マリン・ベースで働く人々の居住地域となっています。

ファヒネ島のホテル

濃い緑の山と、淡いラグーンの景色で有名なフアヒネ島は、古代ポリネシア宗教の歴史的遺跡の宝庫です。丁寧に再現された祭祀殿跡にたたずむと、かつてこの島々に住んだポリネシア人達の息吹が聞こえてくるようです。手つかずの自然が多く残っているのもこの島の魅力のひとつです。ひとけのない、静かな時間を過ごしたい方々にはうってつけのリゾートと言えるでしょう。


ファヒネ島のホテル
ファヒネ島のホテル
テ・ティアレビーチ アウトリガーリゾート ルレ・マハナ
ファヒネ島アクティビティー
4WDサファリツアー 島内観光

Text and Photo by TAHITI TOURISM